~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Snow Flower スノーフラワー
2007年01月20日 (土) | 編集 |
Snow Flower スノーフラワー

●作者●
原作:加藤千穂美
イラスト:乃上冷紋

●キャスト●  
友崎理奈:浅川 悠
仁科 雪:森久保祥太郎
仁科晃弘:鳥海浩輔  他

●発売日●
2006年11月25日

●発売元●
ゼイヴェル



花宵ロマネスク(http://hanayoi.com/)作者・加藤千穂美による人気恋愛小説「スノーフラワー」待望のドラマCD化。
全くノー知識(爆)<調べなさいよ…本当に……。「恋鳥」さん(リンク貼ってます)の発売日カレンダーを拝見していて載っていたので、ふしぎ工房症候群買いに行った時に購入~♪

優しい彼氏・雪に愛されながらも、初恋を忘れられない理奈。
初恋の人、佐伯くん…。親の都合である日突然学校に来なくなり転校してしまった…。
過去の恋を忘れるため、冬休みを雪の実家で過すことにした理奈は、
旅立つ前日に初恋の彼にそっくりな晃弘と出会う。
思わず声をかけたものの、理奈のことなど知らないと冷たく言われてしまう。
そして、雪の実家に着くと、そこで晃弘と再び会うことに………。
雪と晃弘は義理の兄弟だった。理奈の恋の行方は一体………。

お話的には、少女漫画育ちな人間には聴いてて楽しいです♪
が、もう、声優さん目当てですから、晃弘に感情入り過ぎてて(^_^;)
雪もいい子なんですけどね~。理奈と向き合うためにも、晃弘と理奈の時間を作ろうとして。本当にいい奴なんですけど。…でも、ホント、ごめんなさい(笑)晃弘に入りすぎてました☆
で。
「※このCDはエンディングがふたつあります。雪と晃弘、あなたの気持ちのままにトラック6もしくは7をお選び下さい。」……と、こうCDに明記してあります。
なので、当然、晃弘EDからガッツリ聴くぞ~!と、かなり気合入れていたのですが、
普通に雪EDから聴いてました(爆)
…いや、正確に言うと、所々途中で意識が無くてですね(…居眠りこいてました/爆)、
それこそ、晃弘と理奈が本当の事を話し合う所とか記憶に無くて(爆)、
気付いたら、そのまま雪EDになだれ込んでました(爆)
というか、普通、トラック数気にしてドラマCD聴く人って居るんですかね?(爆)
なので、これ、ノーマルEDは雪なの?と(泣)いや、でも、雪もホントいい子なので、これはこれで良いのですよ~♪
ただ、初恋を乗り越えて今の気持ちに気付く理奈部分はもうちょっとテイスト欲しかったかな~って気がしました。
でも、展開的には普通は晃弘がノーマルEDですよね?
勿論、ベタな少女漫画育ちには、やっぱり初恋が実るのは嬉しいので、晃弘EDもいいのですよ~いや晃弘EDであって欲しい!(笑)
でも晃弘EDの雪がホントいい奴で~(T□T)強い子だよ~(泣)

浅川さんは初聴きではないはずさ。そうさ、「遥か1」を少なからずやっているので、セフルの声聴いてるはずさ。うん、でも全く記憶に無く…(爆)それに「ヒカルの碁」で三谷演ってたんですよね~。う~わ、ホントに記憶に無い~(爆)…すみません。。。なので、普通にうわ~♪カワイイ清楚な女の子声~♪と聴いていたのですが、これを聴いた後に買った声優さんの雑誌で、お三人のインタビュー載っていたのですが、森久保さんも鳥海さんも「こんな声(女の子声)出せたの!」くらいな事仰ってて(^_^;)男の子役多いんですね☆
森久保さんはね~、ホント、イイ奴なんですよ。もうちょっと大人びた感があるのかと思ってたんですけど、でも、元気だけど、理奈の事を大事に大事にして優しいのが、ホントいいです~♪
鳥海さんは、地声に近いのかな♪多分、雪よりは大人目な雰囲気で演ってらっしゃったのではないかな~と思いました。一応、「佐伯」の時(回想)と、「仁科」の時で声分けてらっしゃいますね。というか、理奈の前では「佐伯」の時の自分を出すまいと、冷たい素振りだったり、乱暴な事をしようとしたりで。「仁科」として暮らしていくために。そんな使い分けも聴けてお得♪そしてやっぱりステキ~

しかーし。合間合間に、キーホルダーの「きらりらり~ん」というSE音が入るのですが、若干耳障りな気がしないでもない…というシーンもあり☆うん、ちょっと多めかなぁ。効果的に入れるにしても、量を…と思いました。
あと、理奈の「説明的」なモノローグがちょーっと多いカンジがしたのですが☆
もうちょっと自然な感じなモノローグであって欲しかったかなぁ。<贅沢言うな(笑)
それと、音楽が、シーン替わる毎に切れるのは当然なんですけど、ちょっとブツ切り感で音楽がフェードアウトしてしまうので、もうちょっと余韻楽しませて欲しかったです~☆

少女漫画で育った腐女子には抵抗のない一枚かも~♪乙女ゲー好きな方にもお勧めしますよ~♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。