~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


絶対服従
2006年12月22日 (金) | 編集 |
絶対服従 絶対服従
水戸 泉 (2004/03)
幻冬舎コミックス

この商品の詳細を見る

●作者●
原作:水戸 泉
イラスト:有馬かつみ

●発売日●
2004年03月12日

●発売元●
幻冬舎コミックス



はーい。わっかりやっすーい(笑)ドラマCDの補完でーす(爆)<間違いだから(笑)

ドラマCDがあんまりにも不足すぎですので、原作読んで納得どころか、こんな設定まで端折るのか!?と正直愕然としました(笑)>佑一が潔癖症系な人とか、性欲そんなに無いとか、童貞とか(爆)
これ結構音声にするにしても必要な情報だと思うんですけど、どうでしょうか?
これ無いとね~、…うん、足りない気がしますよ。「設定」という意味でね。
でも、設定省いているわけではなく、ドラマCDはそのモノローグの簡略化?なだけですので、
基本、原作通りにドラマCDはできていたと思います。
それこそ、普通、絡みのシーンなんて3回くらいで、結構ここを端折られる事の方が多いと思うんですけど(笑)、
5回ある絡みのシーンは全部入っているんで、ホント、原作通りだと思いました。
(5回入れたから、肝心なモノローグ端折りなのでは…。。。残念。)

しかし。
これは個人的な事なのですが、文体が私はダメです(爆)ちょっとあまりにもダイレクト…じゃないんですけど、ダイレクト?な表現描写ですので、私には…うん、厳しい(笑)
BLは「ファンタジー」であって欲しいので(笑)ラテン語だからいいって話じゃぁ…無い…と思うのデス。

なので、この時点で「絶対束縛」の発売決まってましたので、「絶対束縛」も一緒に買おうかと考えたのですが、
う~ん、ドラマCD聴いてからにしようとして正解でした(爆)<補完用と決めてかかってるし(爆)
これでね、作風的にも好みな作家さんだったら即買いだったのでしょうけど、う~ん、自分にはちょーっと合わないか…な…というカンジでした。
なので、「絶対束縛」聴いて、また考えます。(って、もう来週かい!)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。