~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


恋する暴君
2006年06月22日 (木) | 編集 |
恋する暴君 恋する暴君
(2005/08/20)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る

●作者●
高永ひなこ

●キャスト●  
巽 宗一:緑川 光
森永哲博:鳥海浩輔
巽 巴:宮田幸季
黒川 貢:杉田智和
ヒロト:平川大輔  他

●発売日●
2005年08月20日

●発売元●
インターコミュニケーションズ



私が「是」を買ったので、友人担当の一品(笑)ここから友人との分業?も始まるのかなぁ(笑)

これも原作既読でした。が、本作?の「チャレンジャーズ」のシリーズは読んでいないのでした☆
でも、これだけで普通に読めますし。
ただ、ドラマCDの方では、宗一さん(緑川さん)がホモ嫌いになった経緯や、
森永君たちの細かい設定(大学の事とか)しっかり書かれてたので、
「チャレンジゃーズ」読まずに「暴君」だけ読んでる人には親切設計?だったのかな?
ただ、初見(初聴)では「話違うよ?!」と一瞬動揺。「チャレンジゃーズ」も読めって話ですね。

森永くん役はこれまたヘタレワンコ状態で。カワイイ~♪
原作とのギャップは無かったですねー。緑川さんも。
ただ。
緑川さんの受け声があまりにも痛そうで!☆聴いててちょっと辛い(笑)
ヘタレ攻め鳥海さんはかわいいですよね~。

しかし、これ。インターさんにしては、音楽が酷すぎる気がします。
もうちょっと、確かにコミカルな漫画ですけど、何か、あんまりだ…という気がしました。

それと。これで、杉田さんはともかく、初めて宮田さんを意識(爆)
えーっと、白状しますと、一応「遙かなる時空の中で」(ゲーム)の1はやりました。
が。井上和彦さん以外は興味なかったので、橘友雅以外はクリアもせず(爆)、
関・三木・中原さんくらいしか意識してなかったんですよ。保志さんと石田さんは眼中なし。
更に、高橋直純さんと宮田さんは本当に記憶にも無い程に(爆)
ようやく意識。本当にすみません。
でも、正直、男の人なのになんてカワイイ声出すんだろう~♪と軽く感動してました(笑)

フリートークもまた現場ごとで雰囲気違っていいですね~。
平川さんとの相性?もバッチリですね~。流石、タメだし♪48年組♪(笑)
一応、鳥海さん×緑川さんの初対決なんですよね。反対はありましたが。
というか、鳥海さんって誰と初対決って結構覚えててらっしゃって、意外。。。
「LOVE SEEKER3」のトークで「皆さん作業として思い出すの大変でしょう」って言ってたから、
皆さんお仕事多々あって、思い出すのも大変だと思うのに、鳥海さんスゴイ♪
でも、「ヘタレ攻め」とか「気持ち的には受け」とか「攻めなのにモノローグ多い~」とか、
あまりにもBLに慣れてる声優さん達に、ちょっぴり切なくなりました(笑)

2の発売決定だそうですねー。
2巻は森永くんのお兄さんとか、森永くんの過去話とかあるので、これはこれで楽しみです♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。