~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DRは龍に乗る
2006年12月20日 (水) | 編集 |
DRは龍に乗る

●作者●
原作:樹生かなめ
イラスト:硝音あや

●キャスト●  
氷川諒一:鈴村健一
橘高清和:鳥海浩輔
橘高正宗:堀内賢雄
宮城 翔:福山 潤
松本力也:近藤孝行
柳沢京子:甲斐田ゆき  他

●発売日●
2003年09月25日

●発売元●
サイバーフェイズ



えーっと、これももう出て無いですね。何故なんですかね?サイバーさん?
とにかくどうにかして入手しようと、そりゃもう虫の知らせ(虫の知らせの意味がわからない人は「BL裏話 SPECIAL Part.3」を読んでみるといい。本当にすみません(陳謝)決してオススメできる手段ではありません/爆)でどうにかあがいていたのですが、中々手に入れることが出来ない中、シェア友人がようやくGETしたかと思いきや「CDに傷か汚れがあるのか、2トラック目のラストが聴けない」と言いまして!何ですとー!と慌てて?私も虫の知らせでGETしたら、単なる汚れで、ふき取れば聴けたものでした。なので、こんなもう出回ってないCD、一人一枚づつ持ってます(爆)本当にすみません、方々に謝罪。

内科医の氷川諒一は昔可愛がっていた少年・清和に十数年ぶりに再会する。
しかし、成長した清和は眞鍋組次期組長として恐れられる極道となっていた。
何とか清和を引き戻そうと組に乗り込んだ氷川だったが、裏社会の実態を知ってしまい、絶体絶命の時―――氷川を救ったのは清和だった。
しかし、その手段とは……!

一番の聴き所は「氷川諒一…俺の女房にします」でしょうか
しかも、これが丁度2トラック目のラストですからね。そりゃシェア友人も慌てますわよ(笑)<いや、一番慌てたのは私ですが(笑)ソッコー次の日くらいに探しましたし(爆)
しかしですね~、この諒一、阿呆な子です。天然っ子です。ありえませんよ(笑)
今、まさに、清和に抱かれようとするその瞬間に、
「僕は君のおむつの世話をしたことがあるんだよ」
ありえん!(笑)股間見ながら「昔はあんなにちっちゃかったのに」とか「いつの間にこんなに大きくなって…」(ぷぷっ/笑)とか、「蒙古斑いつの間に消えたんだろう」とか平気で言います。恐ろしいぃぃぃ(笑)天然強し!(笑)

私的に、お話として、何で清和が橘高の養子になったのかがわからないんですけど~。確かに清和の母親は水商売人で、清和を虐待してたりしたんですけど、いきなり橘高に連れて行かれている関係性を描いてくれ~!
あと、最後の京子との手切れ金?を稼ぐ為に、株と相場で大金作るんですけど、そこも、もっと描いて欲しかったな~☆
何か、しっとり(しっとり?天然バカップル?)を描いた後に、勢いでこのシーン描いたら、あれ?もうエンディング(フリートーク)で。あら~☆?
折角、早々から清和は「株と相場で組の台所を潤したインテリヤクザ」と謳っていた割りにはその部分はソレだけ~感が。あらあら残念~☆

さて、声優さんですが、鈴村さんっ!
また阿呆な子な役ですか!?∑( ̄□ ̄;)
私、阿呆な役以外の鈴村さん声って聴いた事無いんじゃないかしらってくらい(爆)七央があるか☆※すみません、基本アニメ観てないっ子なので、鳥さんにハマってから得た声優さん情報(情報?)はドラマCDからだけなのです☆
でも、「熱砂の王」より前の作品ですけど、ら行回ってない感は無かったですね~(爆)ファンの方本当にすみません。これ、一応褒め言葉ですから(爆)それをも勝る天然・阿呆っ子でした~(笑)
鳥海さんは、は~年下攻め~
もう、本当に、吐息一つに悶えます…♪<危険(笑)極道~♪(≧∀≦)
極道もですけど、株と相場のシーンはイイですね~♪(少ししかないけど…/ボソっ)つくづく私職業モノ好きなのかしら(笑)
しかーし!このCDの最大の聴き所は、(さっき一番の聴き所は「俺の女房…」って言いましたが/笑)
福山さんですよ!\(≧∀≦)/
がらっぱちじゅんじゅん!
イイですよ~~~♪♪♪
こういうのを聴きたかったね~!<そこに反応?(^_^;)
いいですね~♪ヤンキー上がりっていうか、がらっぱち小僧っていうか♪いいです!
賢雄さんはカッコイイですしね~♪惚れ惚れ♪
で。甲斐田さん。シェア友人に「賢雄さんや甲斐田さんも出てて豪華面子」と最初聞いていたのですが、
すすすすすすすみません。本当に女性声優さんにつきましては、ノーチェック所か、全く知らないに等しいくらいで。すみません。
ですが、京子の高飛車?とまではいかないですけど、極道の女(笑)っぷりが出てて♪
ただ、「和服美人」なんですよね。てっきりセレブ美人なのかと思ってました(爆)

合言葉は「リッチモンド」と「カヤイパルプ」です(笑)

それと。この作品のタイトル。「DRは龍に乗る」。
これ聴くまで「DR」が何なのかわかりませんでした(笑)ファンタジーなのかしらとか思ってたら、「ドクター」か!
フリートークでも皆さんも仰ってますけど、タイトルまんまかいっ!(笑)
いや~まんまなタイトルですけど、謎(謎?)解けたのですっきりしました♪

しかし、このCDで、シェア友人が異様なまでに「ヤクザ」とかいう単語に反応するようになりまして☆
挙句、原作に手を出しました~(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。