~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつかじゃない明日のために/side基継
2006年11月29日 (水) | 編集 |
いつかじゃない明日のために/side基継 いつかじゃない明日のために/side基継
(2005/10/20)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る

●作者●
原作:高岡ミズミ
イラスト:円陣闇丸

●キャスト●  
羽田直哉:福山 潤
興津基継:小西克幸
瀬戸将治:鳥海浩輔
椎名 葵:深見梨加  他

●発売日●
2005年10月20日

●発売元●
インターコミュニケーションズ



はい。「いつかじゃない明日のために/side直哉」聴いて、素に聴きたいと思いました。はい。単純(笑)まんまとインターさんの罠に。売り方上手いですよ(笑)

基継がこの家に…直哉のところへ戻ってきてくれた。
しかし、基継は山岳写真家。10年前と同じように、基継が自分の前から姿を消してしまうのではないかと、直哉は不安に怯えていた。
そんな時、基継の仕事仲間・副編集長の椎名葵という女性が訪れた。直哉の事を知っている程気を許している女性…。元恋人…。
そんな椎名は基継の写真集を出そうと言う。しかし、基継は迷っていた。
それは八甲田の写真。八甲田…。アルピニストであった基継の父の亡くなった山。
しかし、基継は山に固執する自分自身と向き合うため、父親の最期の地である八甲田へと向かう決心をする。
直哉の心は激しく揺れる。基継は…そのまま、また何処かへ行ってしまうのではないだろうか…と。
大切なものを守るため二人が選んだ道は…。

お話はしっとり聴かせるのでこのシリーズは本当に好きですね~♪
インターさんって「聴かせる」お話多いので好きですよ!いや、折角聴くなら、厚みのある話聴きたいですもの!聴き応えのあるお話を。<BLCDだろ…(笑)
このシリーズは「特にこれー!」という山や盛り上がりや華やかさとかは無いのですけど、とり訳地味という訳でもなく、本当にしっとり聴けて良いのですよ♪
気持ちの流れがステキです。し~っとり聴けます。

福山さんは本当にこのトーンは大好きなんですよね~
小西さんもしっとり~♪このシリーズで小西さんにはヤラれましたよ。
で。まぁ、「side直哉」でこっぱみじんにフラれている瀬戸ですから、鳥海さんの出番は少ないだろうと思ってましたが、えぇ、本当に少なかったです(笑)でも、本当にイイ奴なんですよ!瀬戸!幸せになってくれぃ!(笑)…でも出番少なっ(ボソ)でもトークに出てる(号泣)トークの司会もして下さってる(号泣)…良かったそれだけで嬉しいです♪<(笑)
深見さんは…初聴きなのかな?もう、本当に女性声優さんはノーチェックなので(爆)
でも、BLCDでこれだけメイン?に女性声優さんが絡む(絡む?)のは珍しいですよね。というか、もっと女性声優さんはどんとこーい
一応基継の元恋人という役どころではありますけど、全然生々しくないですし、後腐れのある別れ方ではないですから、本当に大人な付き合いってカンジで、良いのですよ!あくまで仕事仲間。でも、基継も直哉も受け入れている優しい女なのですよ!
基継が八甲田へ行ってグラついてる直哉を編集室へ呼び出すシーンがあるんですけど、
これ、全てを受け入れている人じゃないとできませんよ。ホント、ここのシーンは好き!<BLじゃないって(笑)
基継の本当に大事なモノをわかっている。全てを受け止めている。いい人だ~♪
やっぱり女性のお声がするのはナチュラルに違和感なくてイイですね~<BLCDでソレ言うか(笑)でも、本当に、BLCDには女性声優陣はどんとこーい!もっと出て欲しい!

今回、出演者4名です。少なっ!
でも、スーパーでスペシャルな方(スタッフ)が出演されてらっしゃいますので、聴いてみるといいですよ(笑)ある意味神です(笑)
でも出演者少ない分、しっとりじっくり聴かせて下さいます。
あとは、小西さんの愛の鼻歌でしょうか(笑)聴いてみて下さい(笑)
そして「直継」をネタにされる福山さんでした。「直継」の意味がわからない人は「side直哉」を聴いて下さい♪
それと、5・7・5(笑)と、名付け親な鳥海さん(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。