~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


是-ZE-
2006年06月18日 (日) | 編集 |
是
●作者●
志水ゆき

●キャスト●  
七川雷蔵:鳥海浩輔
紺:福山潤
三刀彰伊:森川智之
阿沙利:千葉進歩
吉原和記:一条和矢
三刀琴葉:緑川光
近衛:中井和哉
三刀櫻花:神谷浩史
紅緒:吉住梢      他

●発売日●
2005年12月20日



ようやく届きましたよ。本当に10日もかかって届きました。
これがとっとと届いていれば、今の私は居なかったかもしれない。いいんだか悪いんだか(笑)

これに関しましては原作既読でした。
が、届いた時は友人に貸し出し中でしたので、手許に無い状態での聴き。
原作にとても忠実に作られていて本当に良い作品だと思いました。
ただ、漫画特有の場面転換の多さまで結構忠実に作られていたので、
これ、原作未読の人が聴いて判るのかな?とちょっと思いましたが、
でも、とてもいい出来だったと思います。

で。
原作読んである程度イメージできていた人間にしましては、
正直言いますと、鳥海さんの雷蔵君はイメージ違いました。もうちょっと大らか系?みたいな感じ。
他のキャスティングは本当にバッチリだったので余計に(爆)
でも、聞き込めば聞き込む程、鳥海さんの雷蔵君のこれはこれでアリかなと思えますし、
やっぱり雷蔵君はいい子だし、紺君を大事にしている所とか凄く出てて、
聴くほどうっかり泣けてしまいました♪本当にイイです♪
でもヘタレ攻めですよ~。ヘタレワンコ。カワイイ♪
あと、紺役の福山さんは、凛としたお声は本当に大好きなので、ますます好きになりましたよ~♪
ただ、折角の全編ロートーン声でしたので、できましたら喘ぎ声もそれでいって欲しかったな~(^_^;)
で。紺君のセリフで「抜けよ」ってのがあって、このセリフ、「歯科医~」で鳥さんも言ってるんですが、
このセリフは「歯科医~」の方で鳥海さんにヤラれてしまったので、
ここだけ鳥海さんに言って欲しかったデス!(笑)

1枚目は1巻、2枚目は2巻というカンジで。
1枚目の阿沙利の千葉さんはイイお声ですね~。これまた惚れましたね~♪
1枚目は森川×千葉とか、一応、中井×緑川と神谷×吉住(ノーマルと思いきや/笑)とか聴けますので、聴き応えあり♪
それに天野由梨さんなんて私的には懐かしい方も出演されてて、Gガン観たくなりました(笑)
お話的にも聴き応えありますので、本当にいい出来だと思います~♪

初回特典の小冊子(漫画)もカワイイ♪本当に雷蔵はヘタレワンコだ~♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。