~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


花色バージンソイル
2006年11月19日 (日) | 編集 |
花色バージンソイル 花色バージンソイル
みなみ 遥 (2005/03/10)
ビブロス

この商品の詳細を見る

●作者●
みなみ遥

●発売日●
2005年03月10日

●発売元●
ビブロス



あ~(T□T)何だかみなみ遥マジックに貶められてる~(笑)
ドラマCD聴いて、えぇ、えぇ、とりあえず読んでみたくなりましたよ(泣)
でも中古(爆)すすすすすすみません☆

ドラマCDは原作に忠実でよく出来てたと思います。
むしろ出来すぎですよ(笑)普通、絡みの所なんて、ドラマCD内だと3回くらいが基本(基本?)なので、まぁ、大体端折られるんですけど、これってば、余すところ無くドラマCDでもやって下さってるんで(えぇ、おまけまでも)、ある意味脱帽(笑)もう、イク所までイッておくれってカンジ(^_^;)
ま、そんなに丸々1冊分がこのお話じゃなかったんでね。(他に短編2本収録されてますし)

ちなみに、これ買いに行った時に、既に「蜜的男子スパイラル」がドラマCD化されるのわかってたので、これも併せて買いました。
で。素に、ナチュラルに思った事、
みなみ遥と南かずかの違いって何なんでしょうか?と(爆)
境界線はどこなんでしょう?誰かこれも知ってたら教えて下さい(笑)

+++

追記【2006年11月23日】

S様
みなみ遥と南かずかの違いの件、ありがとうございます。
なるほどです…言われてみれば、確かに違いが見えます(笑)
と言うわけで、「エロ多めがみなみさん、少なめが南さん」という事らしいです。
確かに出版社もみなみさんはビブロス系ですし、南さんはキャラとかですしね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。