~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蒼い海に秘めた恋
2006年11月19日 (日) | 編集 |
蒼い海に秘めた恋

●作者●
原作:六青みつみ
イラスト:藤たまき

●キャスト●  
ショア・ランカーム:福山 潤
オルソン・グレイ:鳥海浩輔
エルリンク・クリシュナ:森川智之
キール・ルメリオ:下野 紘  他

●発売日●
2006年09月08日

●発売元●
サイバーフェイズ



普通~に、福山さんとの対決なので私が担当~(笑)
初のファンタジー~♪初の片仮名キャラ名~♪♪♪<アホ☆

天変地異、未曾有の大洪水に襲われ地上のほとんどのものが失われてから1,200年。
人類は、4つの海底都市とひとつの陸上都市をつくり上げ、均衡と平和を保っていた。
ショア・ランカーム。
人類を無類なき悲劇と恐怖に陥れてきた『水腐病』から、全人類を救うたった一人の存在・完璧な抗体保持者。
『水腐病』―――生きながら体液が腐敗し臓器が溶ける。病気にかかる確率は男子の2割に対し、女子は7割と高く、女子の人口は圧倒的に少ない。
全滅した島から救い出され、アストラン研究所で特効薬開発のために15年を過ごしたショア。
共に在ったのはエルリンク・クリシュナ―――養父、そしてショアが『愛』と呼ばれる関係なのだと信じて疑わなかった男“エリィ”。
だが、特効薬の生成と大量生産に成功し、人類の救世主として崇め奉られるようになった彼の口からもたらされた言葉は……

「あの子は、もう完全に用済みの存在です」

存在そのものを隠蔽され、壊れた心を抱えたまま軟禁状態に置かれたショア。
そんな彼が見つけた一筋の光。それは資料用の記録盤に収録されていた、ある青年の姿だった。
太陽のような笑顔、澄んだ碧い瞳。やさしそうな声……。一度でいい、この笑顔が見てみたい。
ショアは最後の望みを胸に飛び出した。
オルソン・グレイの居る―――海底都市へ。


とにかく切ないお話~。本当に泣けましたよ………。
胸が締め付けられる。とにかく切ない…。もうね、何から書いたらいいのかわかんない。。。

まず、養父から受けていた「愛情」を「愛」ではないとしか思えない発言を聞かされる。『あの子は、もう完全に用済みの存在です』
あり得ない~(T□T)でも、この言葉の発せられた状況や真意や…、もう、とにかく切ない~(泣)
ショアは研究所の機密保持(情報漏洩防止)の為に頭にチップを埋め込まれているので、グレイに会いに行っても自分の事を言えないんですよ~(泣)しかも、水腐病の特効薬が出た頃、配布方法で不正(上の人間に先に配布)があり、同じ頃グレイはお母さんと妹さんを水腐病で亡くしているので、グレイは研究所の人間を忌み嫌っているんです。自分が研究所出身だなんて…言えない。…言ったらグレイに嫌われる…駄目だ、グレイに自分事は言えない。。。
そんな時、採掘所内での事故で自分の体を見られてしまう―――体中の実験の傷跡…。「この傷は…?」僕を嫌わないで…全てを話してしまいたい…、でも、言おうとすると、頭のチップが作動して激痛が走る。言えない……。魘されて呼ぶ名―――エリィ。。。もう、とにかくホント切ない~(T□T)
研究所からショアを迎えに来たエルリンク。グレイに彼との関係を問いただされても、また頭痛が…。自分を要らないと言ったのに、何故迎えに―――。
そんな折、ショアが研究所出身という中傷の手紙が採掘所の皆の元へ。グレイの元には写真まで―――エリィとの実験・体を重ねた写真が。
研究所出身と知ったグレイは自分を騙していたのかとショアの事を誤解してしまう。話を聞いて欲しい―――でも、また頭痛が…。「都合が悪くなるとそうやって誤魔化すのか。」もう、ショアの事なんて信じる事ができない―――。
ショアの頭のチップ。エルリンク自ら施したものだが、このチップには研究所の前所長・サンミルによって細工がされていた。チップはある特定の言葉をキーワードに融解してしまう。体の外部ならまだしも、脳内なら…死に至る。でも研究所に戻るくらいなら死んだ方がマシだ、とグレイの元へ戻るが、「恋人との痴話喧嘩に俺を巻き込むな」と軽蔑される。
そして、グレイとキール。キールはグレイを狙っていたから、グレイはショアに対する苛立ちから、つい、曖昧な答え方でキールと付き合う事に…と。
そんな二人を見ていると胸が痛む。でもそれとは別にショアはいつもの頭痛とは違う発作が―――ショアには脳に腫瘍ができていた。腫瘍を摘出する技術は海底都市には無い、研究所へ行かなければ…。でも、研究所には戻らない。―――グレイには、グレイには絶対腫瘍の事は言わないで。ショアの頭痛の本当の理由がわかればグレイも態度を改めるだろうと言われるが、病気だという理由で優しくされても惨めなだけだ…。
そんな時、キールの元に高濃度汚染海域への探査依頼が来る。ショアは研究所出身だからと調査海域の情報が欲しいと一緒に呼ばれる。危険度の高い海底探査…。成功率は低い…。もし、キールに何かあったら…。。。こんな事を考えるからグレイに嫌われるんだ―――キールに替わって海底探査へ申し出る。
タフタフとライラ(グレイの元恋人)の結婚式。明日、ショアはもう居ない。。。誰にも告げずに。
「俺を巻き込むな」と言いながら、ついショアの姿を探してしまうグレイ。
キールは政府に恩があった。だから生還が困難な依頼でも断れなかった。だから…。だから…キールはショアに心残りが無いようにしておけ、と。心残り…最後に、グレイに抱いて欲しかった…。キールは、一晩だけ、一晩だけなら、グレイがいいというなら、一度だけなら目を瞑る、と。
そして、グレイはタフタフからショアの腫瘍の事を聞かされる。どうして黙っていた!―――同情を引くための仮病だと思われてこれ以上嫌われるのは辛い、病気を理由に優しくされても辛いだけだから…。
キールはグレイにショアの願いを叶えてやって欲しいと頼む。
お酒の勢いも借りて、ショアはグレイに願い事を頼む。「恋人として抱いて欲しい」と。グレイはそれを受け入れる。そして、グレイの口から、腫瘍の事を聞かされる…嗚呼、同情から自分の願い事を聞き入れてくれたんだ。。。キールに悪い…。キールは了承済みだ…恋人に頼まれたから…恋人の願いだから…だから抱いてくれようと。それなのに、グレイももしかしたらと、浅ましく期待なんかしてしまって…。。。
ホント、切な~い(T□T)
体を重ねてても心はすれ違ったままなんですよ~(T□T)こんな哀しい事あるかよ~(泣)
翌朝、ショアが居なくなった事に気付き、グレイはショアを探す。
キールから危険水域へ行った事を知らされ、採掘舎本部へ行くと、エルリンクが居た。エルリンクはショアの消息が不明になった事を知り、ショアの行方を追いに来た。
グレイ協力でエルリンクと一緒にショアを探しに。グレイはチップの事を、エルリンクは腫瘍の事を知る。
ショアの体の傷の事、水腐病の抗体保持者の事、特効薬開発にその身を捧げた事。。。
何故言わない…聞き出そうとすると苦しそうに発作が…チップ…。発作は腫瘍のせいだけではなかった―――それなのに何と言って!
汚染海域から救出されたショアは研究所へ運ばれ、チップと腫瘍の摘出手術を受けた。手術は成功したが、汚染海域の影響で体に障害が出ていたが、ショアを救ったのは最先端の医療と手厚い看護…グレイの愛情。
勝手に誤解して追い詰めた…ひどいことばかり言った、辛い仕打ちをしてすまない…。

この後のエルリンクの所も哀しい~(T□T)
摘出したチップのキーワードが!もうね、一番可哀想な人はエルリンクですよ(泣)
酷い仕打ちだよ。。。融解を誘発する言葉。何てキーワードっ!(泣)
切ない。。。
とにかく、切ない・哀しいお話ですよ~(T□T)

どうでもいい事なのですけど、一つわからないのは、高濃度汚染海域に海底都市の探査依頼ってのがわからない。
過去の遺物(大洪水前の遺跡)は「汚染物質」なの?何で?何がどう汚染なのかがわかんな~い。
ま、グレイも「正体不明の汚染海域」と言ってますから、いいのか。正体不明で。
ショアが大量殺人が可能な兵器とか言ってますけど、そうなの?
海底内においてどこからが汚染海域でどこからが汚染じゃないの?ってツッコミは無し?(爆)

で。
福山さんですが、ショアって儚げ系・繊細系なキャラなんですけど、
落とさず、でも弱すぎずと、とてもイイです!ステキです!切ないの~(泣)
でも今回の聴き所は勿論鳥海さんですよ!
ガテン系な懐の深~い系な心の大きい系な情に厚い役どころなのですけど、
ステキです~(≧∀≦)
ご本人もトークで仰ってるんですけど、普段とは違うラインで、メインでこのキャラは初に近いと!
福山さんと一緒の時ってバランス感覚の難しい役が多かったので、
今回のこの役どころのお声は本当にステキでした!腰砕けました
ヤラれました。。。は~♪これ、ホント、阿呆のように毎日のように聴いてました♪
森川さんは、実はまだ帝王声(笑)を聴いていなかったので、(「是」の森川さんはあんまり記憶に無いんですよ~/爆)
エルリンク役を聴いて「どこいら辺が帝王?(爆)」と思ってました(爆)
でも森川さんいいお声~♪♪♪
下野さんは…この時点初聴きなのかな?キールは下野さんじゃないと!と思いました。

とにかくこれはホントいいお話でした。なので聴いて欲しい!
たっぷり2枚組み。ボリュームたっぷりです。聴き応えあります♪

ただね。
一つね、もう音声からの漢字変換が限界でした(爆)
ブックレットって基本的な設定とキャラ設定紹介しか載らないじゃないですか。
「しかい平和協議会」とか「せいかい採掘舎」「こうしゅう探査修正」「ようこうてんしょう装置」等々、ファンタジー独特な世界観があるので、それを音声のみからの情報で認識するには…もう、無理でした…ガクリ。。。
原作買おうと思いました。こればっかりは。本当に。絡みのシーンでナニやってるかわかんな~いとかそんなレベルじゃなかったです(笑)…いや、それもあったけど(笑)あとは、最後のエルリンクのシーンがね。ちょっと描写がわかんな~いと思って。

すみません。ダラダラと感想というかあらすじ書いて☆
明らかに想い入れのあるCDとそうでないCDの書き込みの量の差が出ているなと最近思いました(爆)いや、多くを書いてもいけないCDもありますので。
これについては書きすぎです。すみません。でも書きたかったの。は~すっきりした♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。