~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボーダー・ライン
2006年09月30日 (土) | 編集 |
ボーダー・ライン ボーダー・ライン
久能 千明 (2003/10/28)
角川書店

この商品の詳細を見る

●作者●
原作:久能千明
イラスト:蓮川 愛

●発売日●
2003年10月28日

●発売元●
角川書店



ドラマCD聴いてハマって、ソッコー買っていたのですが、なかなか読む機会(時間)を逃しており、
現実逃避したくなったこの頃(2006年7月)、ようやく読みました。

ドラマCDは3枚でも
足りませんっ!(T□T)


端折られまくりです(泣)
ですが、ドラマCDの出来が本当に良いので、由利も佳也も、フツーに三木眞さんと鳥海さんのお声で読んでました小杉さんも~♪
でも、文字は文字での表現もありますが、ドラマCDの表現は、コレは本当にイイので、CD聴いて、原作も読んで欲しいです。(発売元の回し者ではありません/笑)それだけ、これはオススメです

BL小説を読むのは初めてという訳ではありませんが、
ハードカバーで、上下2段組のBL小説は初めてでした!(笑)
何せ帯が付いてますからね!軽く驚きでした!!!
しかも、その帯に、
「ハードボイルド・ボーイズラブ」
という煽り文句が!そんなジャンルが確立されているんですか?(笑)とか思ったり♪

一応これ、「グレイ・ゾーン」という小杉さんが演ってる片岡亜久利のサイドストーリーで、
時間軸的には「ボーダー・ライン」の方が過去話で、後に「グレイ・ゾーン」の続編の「ターニング・ポイント」が出てますが、その「ターニング・ポイント」のあとがきで、久能先生ったら、由利と佳也の話も決着?つけないと…みたいな事を書かれてた(すみません、立ち読みです/爆)ので、えぇ!?続編期待してもいいんでしょうか…先生っとちょっと、本気で待ち焦がれてます。
そして、是非!CDに!!!<ここ強調(笑)
ただ、「ターニング・ポイント」はまだCD化されてないから、そっち先ですかね?(泣)<(笑)


ちなみに表紙は↑由利です。
佳也は裏表紙↓に。
ボーダー・ライン


● コメント
この記事へのコメント
決着は商業誌か、同人誌か
通りすがりですので、お邪魔しましてすみません。

今年の夏コミケで久能先生に会いました。
先生は二人の決着は商業誌にするか、それとも同人誌にするか迷っていたことを仰いました。
いずれに決着をつけるそうです。

某同人誌委託店で、今回の冬コミケの新刊は180Pでもあり、ボーダーラインの同人誌のようです。もしかしたら、決着は同人誌にするかもしれません。

それでは、失礼いたします。
2006/12/28(木) 14:54:58 | URL | 神彈子 #mQop/nM.[ 編集]
決着は…!
神彈子サマ、通りすがりといはいえ、こんな僻地へようこそお越しくださいました。

決着!
希望といたしましては商業誌で読みたい限りですが、こんな時ばかりは自分が同人屋でよかったと思った事はありません<間違いですから。
新刊180Pも凄いですね。
うう。2日目頑張ってみます!

本当に貴重なお話ありがとうございましたm(__)m
2006/12/28(木) 23:13:43 | URL | 槇々 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。