~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最果ての君へ
2006年09月09日 (土) | 編集 |
最果ての君へ 最果ての君へ
みなみ 遥 (2004/08/10)
ビブロス

この商品の詳細を見る

●作者●
みなみ遙

●発売日●
2004年08月10日

●発売元●
ビブロス



はーい♪ドラマCDがあまりにもツボだったので買いました~(笑)<判りやすい(^_^;)
しかしですねー。既にビブロスさんが倒産した後でしたし、ぶっちゃけ「歯科医は愛を試される」で、CD聴いた後に買った原作というのは、何か「原作なんだから!」と期待感を持ってしまうみたいで、原作読んでガッカリすると、後々(?)辛いと思い、………すみません、某古本屋で買いました(爆)古本なら「定価で買ったのにー!」と思わずに済むと思って(爆)(爆)(爆)

みなみ遙さんの漫画って実はまともに読んだ事はありませんでしたー。
ビブロス倒産云々時に慌てて買った(笑)「BE×BOY GOLD」に載ってた漫画は読んだ気はしますが、記憶にも残らない…程…?(爆)

で。漫画ですが、
マリンさん!グッドジョブです!(>▽<)b (爆)
原作は時間軸が入り乱れてて、と~て~も~読みにくかった…(爆)これをコンパクトに纏めた脚本家さんに拍手です!\( ̄▽ ̄)/
まぁ、連載ものなので、回想シーンとかはブツ切りで入ってしまうのは仕方無いかと思うのですが、
ホント、ドラマCDの方はコンパクトに綺麗に纏まってて本当に良かったです!
結構、原作重視?で原作の展開(特に場面転換等)通りに脚本書かれるものとかもあるんですけど、
時間軸とか、状況等が同じ状態なら、纏めちゃっていいと思うんですよね。
ぶっちゃけ「原作知らないで聴いてる」事がほとんどなので(笑)、
初めて聴いても分かる・判る・解るCDにしちゃっていいと思うんですよね~。展開そのものが原作からかけ離れるのは問題ですけどね。(流石にそんなのに出会った事はないですよ☆)
雅也と京一郎の関係知った後の展開は、ホント、原作は場面転換が多いので、
ドラマCDは上手にまとめてありました!ありがとうマリンさん!(笑)
更にマリンさんの音楽ですから!何か凄いベタ褒めしてるな私(笑)

が。みなみさん、今回初読みなのですけど、
意味も無く(意味も無く?)何であんなにHシーン多いんでしょうね~(^_^;)
数えたくも無い程ふんだんにそんなシーンが。
流石に全部ドラマCDに入ったりはしてないんですけどね。…まぁ。そういう作風って事なのでしょうか(笑)

あと、ドラマCD聴いた時に、西賀と雅也が…何だか……臭う?なぁと思ったのですが、
あとがきで書かれてましたね。西賀と雅也も…って(爆)やっぱりか…そうか…(腐女子の勘/笑)
自責の念に囚われた雅也を西賀が宥めるのですが「雅也!」って呼び捨てなのですよ。身の回りの世話人なのに。…あ、………な~んか、いや~んな予感(笑)と思ったら、やっぱりでしたか☆

それとですね、音って難しいなぁと思ったのです。というか、私のアホさのせいなのですけど(^_^;)
西賀って、心療内科医なんですよ。雅也の。
で、幼い時からの京一郎との関係で、雅也が「せっしょくしょうがい」になって西賀が来たとあるのですが、私、ドラマCD=音で「せっしょくしょうがい」って聴いた時、
「接触障害」だと思ったのですが(爆)、「摂食障害」なんですよね(爆)私頭悪い~(汗)
だって普通に考えたらそういった関係で障害出るって人との接触じゃないのかな~と思ったのです~(頭悪すぎだ私)

そんな誤解?も解けたので、買った甲斐はあったの…かな?(笑)

ちなみに。
今回のドラマCDのジャケットってみなみ遙さん描き下ろしだそうなんですよ。

ルボー・サウンドコレクション ドラマCD 最果ての君へ ルボー・サウンドコレクション ドラマCD 最果ての君へ
イメージ・アルバム、岸尾大輔 他 (2006/01/25)
MPS(LDC)

この商品の詳細を見る

で。陵がマフラー?巻いてるじゃないですか。
原作で晄人が陵に別れ?を言いに来るシーンがあって、冬の寒い日なので、
晄人のマフラーを陵に巻いてあげるんですよ。
が。
ドラマCDでそのエピソードは
端折られてるんで(爆)

ま、あっても無くても、その後の伏線にも何にもなってないから端折られてもいいんでしょうけど、
(一応、最後、晄人に会いに行くとき陵がマフラー巻いてましたが)
ちょっとジャケットが切ないそんな裏話もあり(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。