~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


王子様の刻印
2008年08月21日 (木) | 編集 |
王子様の刻印王子様の刻印
(2007/10/26)
イメージ・アルバム中村悠一

商品詳細を見る

●作者●
原作:夜月桔梗
イラスト:緒田涼歌

●キャスト●  
宮田浅緋:中村悠一
リゼス:一条和矢
宮田深緑:安元洋貴
宮田青明:鈴木千尋
宮田真黄、真紫(二役):鳥海浩輔
ヴァイツ:大原 崇
エルミア:足立 友
アルテア、キャスター:高橋研二  他

●発売日●
2007年10月26日

●発売元●
LADY BUG



原作未読です。

浅緋は窃盗一家・ミヤタ家の末っ子、18歳。
ところがある日、目を開けると、神々しいほどの美貌をもつアレム国王子、リゼスの腕の中に…。
どうやら足を滑らせた王子を庇って崖から一緒に落下、その衝撃で記憶喪失状態に陥ってしまったらしい。
記憶が戻るまで宮殿に暮らすことになった浅緋…その心細げな様子が愛しくて、つい強引に身体を繋げてしまった王子だが…。

早々に記憶喪失設定と言われてしまえば、まぁ、ある意味潔い(笑)「記憶を失くす半年前に王子に会っている…云々」のくだりで、何かあるのね…とちょっぴり(ちょぴりね)期待。偽名も使ってるし。
パリで精密検査…って、あぁ!ファンタジーかと思ってた(爆)日本人言うてるわ、すみません;;
―――で、いきなり、王子に襲われてます、何故ー!?!?!?王子はそっちの人なのー!だったらその説明入れてー!なのに、「こんなのリゼス王子じゃないっ!」って浅緋、あ、一応知ってんだ。しかし、何が起きているのかわからない描写。攻め様のお声は入らないし、SEももうちょっと何が起きているのか入れて欲しかった…。ト書きの説明多いし。説明っぽい。もうちょっとナチュラルに状況説明して欲しかったですね。ダラダラと長いカンジが。もっとさっぱりと描いて欲しいです。
立ち入り禁止区域―――記憶を失くした所。何故にこんな所に???(特に王子)「王子が先で、浅緋が後―――」って強調。←ちょっと胡散臭い(笑)
「衝撃的なやり方の方がお互いを理解し易い」といって、王子ってばまた強引に浅緋を。無理やりですよ。酷い!!!わがままで強引な人のこの身勝手なへりくつはどうにかなりませんか。。。悪ですよ悪!(笑)
ただ、リゼスには身分違いの恋でダメになった恋があって。そこ切ない。でも、これだけで心揺らいでる浅緋ってどうなのよ。。。
三週間城で生活…そんなにかー!と、ここで、兄登場なのですが、この兄の存在に気付いた時、浅緋に謎の効果音が入るんですけど、
どこのニュータイプかと思ったよ!(笑)効果音、古すぎる(苦笑)
船上ディナーへ向かうところ(でいいんですよね?)、これって、クルージングへ向かう途中の出来事だよね?(ヴァイツの台詞)、情景がさーっぱり見えないんですけど!!!電飾?銃声?ベランダ?細い道?何のことやらさっぱりな┐( ̄ ̄;)┌「誰かに狙われてる―――」って、いや、王子様くらいなら反政力組織とかあれば狙われるのは当たり前じゃなかろうか。
それから、双子兄とか青明兄とか次々と兄'sが浅緋に会いに来るんですけど、何故に分かれて会いに?とても、弟の記憶喪失を心底心配した会いに来るカンジじゃないのよね。何しに来てんの?
「記憶が戻ったら終わり…、捨てられるのが辛いから先に断ち切る…云々」って浅緋が言うんですけど、えぇーーーーーーーーーーーーーーー!?!?いつの間に気持ちが王子寄りにー!?好きなの!?え???好きなの!?!?!?そんな気持ちが揺らぐような愛の告白も無ければ、ロマンティックなシュチュエーションも無いよね!!!わ、わからん…。。。
で、浅緋は実家へ戻る事を決意。(リンゴを窓辺へ)
えぇー!?!?!?!記憶戻ったのー!?!?あっけなっ!!!!!∑( ̄□ ̄;)何!?もっと劇的な記憶の戻り方を期待した私がいけないの!?(泣)
(一応、後で、催眠療法で戻した的な事言ってます。後で言うなよ…そんな重要な事………)
そして、いきなり記憶を失くす時の回想が∑( ̄□ ̄;)展開、突拍子も無いー!王子が暗殺者に狙われている所に遭遇。この暗殺者ってのが恋人で。元…カレ???人の心を操作してって、ちょっと不遇な環境なのに、そこはあまりガッツリ描いてくれないのね。えぇ~;;
一応、王子の盛大なる愛の告白もあるけど、う、う~ん?(^_^;)

とにかく、主人公のキャラがブレ過ぎているカンジがしました。なので余計に話が見えなくて。
王子の元カレに殺されそうなこととか(人の心を操作)、主人公とその一家の位置とか、もうちょっとちゃんとじっくり描けば面白そうなおに、勿体無いなーっと。
あと、刻印。せっかくタイトルにもなってるのに、えっちシーンにしか登場しない(苦笑)んですけど、いや、そもそも外しなさいってば(笑)というのは置いておいて、もうちょっと刻印の重大性とか権力性とかがあればもっとタイトルも活きたと思います。胸に想い刻む…とか使い方はいっぱいあったと思うのです、残念ね。

中村さんは、すみません、キャラが掴めなくて何系なのかが終始わかりませんでした。カワイイ?クール?やんちゃ?ま、記憶喪失だからいいのか?<オイ。たーだ、もうね、喘ぎ声が痛い!痛い痛い痛いって!聴いてて痛いの!!!(><)痛い印象しかなかったデス。
一条さん………、ごめっ★とても”王子様”には聴こえませんでしたー!(爆)…王様?(苦笑)でも、気品があって、高貴なカンジは出てましたね~。たーだ、これもえちシーンにダメ出しする、攻め声入れようよ!!!(爆)
安元さん以下、お兄ちゃん'sはそんなに出番無かったんですよねー。安元さんは、よき…お父さん?(笑)
千尋さんは、クールビューティさんなのかな?一番、兄'sの中では出番少なかったかも。
鳥海さんはさ!ハードル上げちゃったよね!!!あの「とーーーーーーーーーーーーーーーっう!」で(笑)双子で台詞が交差しませんでしたので、そんなに台詞量も感じなかったし、兄弟の違いもそんなに???でも、ここでハードル上げたから、キャラ付けはできたのかもしれないですね(苦笑)

フリートークで、次回作(スピンオフ)のタイトルまで出てるのに、お当番誰も知らないのね…ちょっと意外(苦笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。