~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


魔人探偵脳噛ネウロ ドラマCD
2008年01月26日 (土) | 編集 |
魔人探偵脳噛ネウロ ドラマCD

●作者●
松井優征

●キャスト●  
脳噛ネウロ:子安武人
桂木弥子:植田佳奈
吾代 忍:谷山紀章
笹塚衛士:遊佐浩二
石垣 筍:鳥海浩輔
X(サイ):斎賀みつき
アイ:上原さやか
至郎田正影:伊藤健太郎  他

●発売日●
2006年11月06日

●発売元●
集英社



2007年9月の「集英社ドラマCD祭り」へ行く前に慌てて聴きました(爆)
しかし、今、改めて聴いて、感想書いちゃうと、「今」の感想になっちゃうんですよね~。ダメだ~。アニメもやってますし。
なので、何か色々混がらがった読みづらい感想になると思います。(おそらくアニメと比較してたりします。すみません。)

『謎』と愉楽の世界へようこそ!
魔界の『謎』を解き尽くし、地上の弥子の前へと現れた魔人、脳噛ネウロ。
ある日、ネウロが食料=『謎』供給の拠点と定めた「桂木弥子探偵事務所」へ暗号めいたハガキが届く。しかし、ハガキを受け取った時は既に、差出人である小説家はこの世からいなくなっていた…。
そこに『謎』の匂いを嗅ぎつけたネウロは、弥子と吾代を引き連れてハガキの主の屋敷へ赴いたのだが、そこにいたのはいずれも超個性的な3人のメイドたちだった――!?
おまけは、ハイ&ローコンビの笹塚と石垣に狂犬吾代、さらにはあのドーピングシェフでお送りする「突撃となりの愉快犯」体当たりの2本立て!!
ブックレットには、メインキャラ&ドラマCDオリジナルキャラの描き下ろしを掲載!!

お話的には、これオリジナルなんですよね?謎アイテムの際立たせ方が若干弱い気がしますけど、すすすすすすみません、アニメより全然面白いと思います(爆)
青い絵をばかりを描いたその小説家の家には、何故か赤い絵の具が無い。でも、トマト料理が好きだった小説家。
それと、レコード。傷の付いた面と、暗号めいたハガキ…と、アイテムが一つだけに限らず、色々気を散らしてくれて、返ってソレが謎に深みをまして良かったです♪
で、上にも書きましたけど、「ブックレットには、メインキャラ&ドラマCDオリジナルキャラの描き下ろしを掲載」とあって見ると、う…うぅん、家政婦というか、メイド(笑)それのせいか何なのか、メイドさんと石垣との繋がりもありましたしね♪
ミハルの「本当の顔が見えないから、友達になる。」この言葉、何か、今の世の中には必要な気がする言葉でしたねー。便利さゆえに見えにくくなる事もありますし。
大人になったら、顔を使い分けた方がいいのか―――大人になると辛いことも多いから、もう一つ顔があってもいいのかも。。。笹塚さん、もう一声欲しかったな!
自分をまっすぐ見てくれる人―――か。深いですね。

おまけの「突撃となりの愉快犯」。そういえば、よく、昔、喫茶店とかにあった、あの占い器(?)って、今ってあるんですかね!?(笑)見かけないな~。(つーか、昔、どこで見たんだろうなー/笑)
あと、至郎田役の健太郎さん、えぇぇっ!?最後のトラック(本編には全く関係なし)だけですか!?あれだけの為に!!!………そりゃ、別録りですよねぇ;;<というか、ブックレットの集合写真が、まるで、卒業写真に一緒に取れなかった人状態で(笑)これ、笑えるけど、ちょっと酷いわぁ(笑)笑える。

流石に音楽はアニメと同じではないですけど(当たり前だ)、スタッフさんにマリンさんの方が入っているので、音響関係はホントイイですね~vvv音楽イイな~♪音響イイな~♪♪効果もいいな~♪♪♪
特に!私、ドラマCDでは特に好きなんですけど、音源を左→中央→右→中央→左へ入れる効果が大好きなんです!(変な人)何だろう、音源をフル活用して効果を出そうとする制作側の誠意・熱意が感じられて!!!よく、部屋の中を歩き回るとかの効果をそうしてくれるのが大好きっ!!!(某プロデューサーさんはやってくれました。大好き!)
とにかく、音響良かったです。音楽も。でも、若干聴き覚え感のある音楽な?(マリンさん的)…「Hybrid Child」か「最果ての君へ」聴き返して見る~?感じ。(聴こう~。)

子安さんはもう、カワイイ?感も飄々感も〆る所も、もう、安心して聴けますね~。私、昔、子役さん苦手だったんですけどねー(^_^;)安心して聴けます~。不思議~vvv
植田さんは、一応多分、これが初聴きだったんじゃないかな?;;カワイイ~。
谷山さんの吾代、やっぱり深みのある過去を持った感があるのは谷山さんな気がします~。アニメの吉野さんもいいですけどね。谷山さんの吾代はいいな~。
遊佐さん。これまた、変わらず(笑)低いテンションで。でも、低いテンションの中に熱さがあるんですよね~vvv
鳥海さん、ドラマCDの方が石垣のオタクっぷりが存分に出てて、楽しいな~vvvカワイイ~vvvそして、楽しそーうに演ってらっしゃるのが嬉しい~vvv
斎賀さん。何故かX(サイ)だけは、斎賀さんでインプットされてしまっているので(ドラマCDでそーんなに喋っているって訳でもないのですけどね★)、アニメの朴さんだと、爽やか?な気がするんですよね。斎賀さんの方がもっと、尖った?感があって良かったですvvv
他にも、新野美知さん、能登麻美子さん、木下鈴奈さん等々豪華キャスト。

ちょっと、吾代の過去と、弥子の過去及びこれから(笹塚込み+X)が気になるな。



ちなみに。
アニメと違った所。
・「我が舌の上」。(アニメは「我輩の舌の上」)言ってる事は同じですが、微妙に違ったね。
・弥子が「犯人はお前だ」と言う所が意外と静かに語った所。アニメ的に煽り込み。
・↑当然、ここの音楽効果(笑)
・ネウロが謎をフツーにグチャグチャ食べてた(^_^;)
・「ごちそうさま」も静かでした。
・アイって…。(アニメには出ませんか?)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。