~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


春を抱いていた 8
2007年07月24日 (火) | 編集 |
春を抱いていた 8 (8) (スーパービーボーイコミックス)春を抱いていた 8 (8) (スーパービーボーイコミックス)
(2007/05/01)
新田 祐克

商品詳細を見る

●作者●
新田祐克

●発売日●
2007年05月01日

●発売元●
リブレ出版



はーい、わっかり易いですねー。CD聴いて気になったからー。新装版の方です。

CDはまぁほぼ原作通りですけれど、やはり要所要所端折られてましたね。
冒頭の某番組の所とかは、まぁ、仕方無いのですけれど(だから、CDの冒頭の入り方は凄く良かったと思う!)、でも、微妙~なニュアンスとかが端折られてたかな~CD残念かも~。
CDの方の感想上げた時に、岩城さんが「…こういう時に何とか…云々」の所がCDは違うんですよ~とコメント頂いていたのですが、嗚呼、確かに違った。勿体無っ!是非とも、森川さんの声で「つ…」と聴きたかったですわ(笑)
あと、CDの方だと、遊佐さん演じる小野塚って、あんまり出番無かった感があったんですけど、そこそこ出てて、宮坂とのコンビ楽しかったかも♪
それと、あの「マッスル番付」の所も、CDはあっさり描かれてたと思うので、CD勿体無いな~。
だ~だ、新田さん漫画で鳥海さんだと、もう、宮坂は新川にしか見えないんですよ私(爆)<病気病気(笑)でも、漫画ももうちょっと、宮坂が何で岩城さんに固執していくのか、もうちょっと描いて欲しいな~。これから描かれるのかしら。でも、ラストの本気になっちゃうところは良かった♪これは絵的にステキ♪

私的には、岩城さんが橋から落ちるところが、どう聴いても音源だけではわからなかったので、それが分かっただけで満足です~(=▽=)

あと、原作通りなのね、「くじゃくじゃ」と「濡れ濡れの」は(笑)


ち・な・み・に。
この春抱きCDをシェア友人へ貸したところ、えらく大ハマりしてしまいまして、えーっと、結局、原作漫画はコンプリートできたの?できそうなの?というくらい収集済。挙句、春抱きのCDにも手を出してしまいました。とりあえずまだ1枚?(<まだ?/笑)更に、カレンダー欲しいとまで言っているので、誕生日プレゼントはこれに決まりました(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。