~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハーレム・ナイト 瑠璃色の王冠
2007年04月28日 (土) | 編集 |
ハーレム・ナイト 瑠璃色の王冠

●作者●
原作:井村仁美
イラスト:やまねあやの

●キャスト●  
高垣圭一:鳥海浩輔
シェイク・アサド:森川智之
キース:緑川 光
ターヒル:野島昭生  他

●発売日●
2007年02月25日

●発売元●
サイバーフェイズ



リベンジですっ!(笑)
「絶対服従」「絶対束縛」で悉く森川×鳥海にガッカリさせられた(酷い言われ様ですが…聴いてみるといい。騙されたと思うから/爆)ので、もう、ホント贅沢言わないです、普通なの(普通って…/苦笑)聴かせて…(爆)

熱砂の国―――サラフ王国。
その王家に代々伝えられてきた秘宝『光の王冠』が何者かに盗まれた!
盗んだ罪で拘束されたのは、なんと―――!?

日本を代表する複合企業・林商事に勤める高垣圭一は、社の期待を一身に背負って中東の国・サラフ王国へやってきた。
目的は油田の採掘権入札。
世界各国から集まったそうそうたる大企業の代表たちと肩をならべ、豪華絢爛な新宮殿での入札に臨んだ圭一だったが、結果は見事惨敗。
しかも傷心のまま帰国の途へついた圭一に、とんでもない災難が――空港の税関で、あろうことか王宮からの指名手配犯として強制連行されてしまった!
そして連れて行かれた先で彼を待っていたのは、なんと入札会場で挨拶を交わした、若干19歳にして石油会社も経営する、若く美しいサラフ王国の皇太子シェイク・アサド、本人だった!
果たして圭一は、切れ者の王子相手に、身の潔白を証明し無事日本へ帰国することができるのか――!?

正直、買ってから半月?一ヶ月くらい軽く放置でした(爆)だって、内容的にいい噂聞かなかったんですもの(泣)それに、お友達様やら更にそのお友達等のレビューサイトさんでも中々皆さん感想上げられなかったらしく(^_^;)
なので、諦めモード入り気味に全く期待せずに聴きました…(-_-;)
全然オッケーですよ~♪
リベンジ達成~ヽ(´▽`)/

※私的にですからね!
個人差あると思いますからね!

とはいえ、お話的には、鳥海さんもフリートークで仰っているのですが、ギャグなのかシリアスなのか?(苦笑)冗談なのか…本気なのか…笑っていいのか…笑っちゃいけないのか…(笑)でもでもっ!
森川さんとまとも(まとも?)な絡みのシーンがあるのでそんな事どーでもいいよ~(爆)許す~♪ヽ(´▽`)/<バカ。
もう、ホント、森川さんにまともに台詞あって、結構喋って下さっているだけで、絡み云々抜きにリベンジ達成ですってばよ…本当に。※「絶対服従」「絶対束縛」比(爆)

とは言いつつも話を戻して、お話的に、砂漠モノ(こういう括りでいいのですか?)って、こう、突拍子も無いというか強引な展開というか、そういう展開が多いんですかね?「熱砂の王」といい、何だかなぁという感が(^_^;)もうね、段々動じなくなってきてる自分の耳を疑いたくなります。ハーレムって。。。(笑)石油王の皇太子は我が儘というか勝手というか…ホント、理屈抜きです。この設定だからアリなのか?(笑)でも、ある意味圭一も天然?っ子だからいいのかしら…。あくまでも「拷問」と思い込んでますからな。アホな子だこの子も…。
一応最初は二人ともノン気なんですよね~。でもシェイクはどこでそういう知識を~?という腐ったツッコミはしないでよろし(爆)
キースのキャラの説明もうちょっと欲しかったですよね~。深読みしていいんで…すよ……ね?(笑)
あとは、圭一がシェイクに傾いていくのももうちょっとテイスト欲しかったかな~と。ちょっと、何でいきなり~!?感があったかな~と。
異国モノ(異国者同士モノか?)って最後のオチをどうするのか結構気になるところなのですけど、これは結構良かったかも。遠距離なんだけど~みたいな?(笑)

鳥海さんは柔らか目のトーンですね軽くギャグなようでシリアスなようでギャグなのか?な所が聴いていて面白いです(酷い/笑)ラストの事の真相を知った所の笑い声に全て出ていた気がします(笑)心の底から「何だソレ」というカンジですか(笑)きっと、ビールは美味しかったと思います(涙)お疲れ様です(泣)聴き所は鳥海さんの森川さんの役の名のフルネーム言うところですかね(笑)噛まずに言えたのかなぁ…なんて思ったり(笑)
森川さんは、もうもう!「絶対服従」「絶対束縛」であまりにも台詞は少ないわ、変なキャラだわだったので、嗚呼、沢山喋ってる~♪森川さんだ~♪(笑)ラストのラストでもの凄く年齢(19歳)が出たと思うのですが、基本19歳には聞こえ無…げふんげふん。高飛車~な皇太子っぷりは出てました♪
緑川さんは、結構低音系でアダルティで素敵ですね~。何かこういう役は久しぶりに聴いたかも~♪
野島さん~。こういうベテラン声優さんがBLモノに出られるのは嬉しいやら、恥ずかしいやら(笑)なカンジなのですが、野島さんは何に驚いたって、親子共々声優さんって凄い…。<本編に全く関係無し(爆)野島裕史さん・野島健児さんがご子息だという事を丁度この頃知りました。遅すぎだよ…(爆)
あと、上のキャストに書かなかったのですが、アイシャ役(侍女)で斎藤千加さんがカワイイ~♪中村悠一さんとかも出てますよ~。

そして、もしこのレビューを読んで、森川×鳥海対決を聴いてみたいとか思った方は、「絶対服従」「絶対束縛」を聴いてからこれを聴くか、「絶対服従」「絶対束縛」は絶対に聴かない方がよろし(爆)といっても、この3つしか対決無いですが。
で。上で、リベンジ達成とは言いましたが、どうにもやっぱり(笑)このお二人の対決に消化不良なので、是非ともド・シリアスでこの対決をインターさんで出して欲しいものです。(こんな所で希望出し)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。