~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


春を抱いていた7
2007年03月13日 (火) | 編集 |
春を抱いていた(7) 春を抱いていた(7)
(2007/01/25)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る

●作者●
新田祐克

●キャスト●  
岩城京介:森川智之
香藤洋二:三木眞一郎
宮坂敬吾:鳥海浩輔
小野塚悠:遊佐浩二  他

●発売日●
2007年01月25日

●発売元●
インターコミュニケーションズ



完全な鳥海さん目当てです(爆)
シリーズ(春抱き1~6、冬の蝉、プレミア)は一切聴いてません(爆)勿論原作も未読です(爆)(爆)(爆)
お名前三番目ですが、もう、ラジオ・パステルコレクションで、森川さん・三木さんバージョンのCMとかアフレコレポとかダイジェストとか聴いたら、買うしか無いでしょ!(笑)気にならない訳がないよっ!(泣)…いい意味で森川さんに洗脳されました(笑)…森川さんというか、インターさんに(^_^;)

大人気の「春を抱いていた」シリーズ第9弾。
映画『冬の蝉』のクランクインを目前に控え、香藤洋二は草加役を演じるプレッシャーから不能に陥ってしまう。
悩み苦しむ香藤を、夫として優しく救う岩城京介。
ある日香藤は、タレント仲間の宮坂敬吾と小野塚 悠に岩城を紹介するが、宮坂は岩城に一目で惹かれてしまう。
それを察した香藤は『岩城さんは俺のもの』とばかりに、宮坂と小野塚の前で岩城を抱くが、その行為が激しいほど、宮坂は岩城の虜になっていく。

※注意※
今日の書き込みは阿呆な書き込みです。アホの阿呆話にお付き合いできる方のみご覧下さい。お恥ずかしい限り…。

私は根本から勘違い・間違った思い込みをしておりました。
予備知識が『ラジオ・パステルコレクション』のCMとダイジェストだけでしたので、
森川さんの「こういう時に何とかしてやるのが夫の役目だろ」というCMのこのセリフに大間違いな勘違いをしてました。
森川さんは攻めなのだと思い込んでました(爆)だってBLの帝王とまで言われているじゃないですか(笑)帝王は帝王だからだから攻めだろう!という超~誤った思い込みが(笑)
そもそも、岩城と香藤のキャラ絵自体私は間違えてました(爆)
ジャケットの絵で言う所、右が香藤、左が岩城だと思ってました(爆)
なので、香藤が宮坂や小野塚と飲む所で、宮坂と小野塚が岩城の事を「日本美人的色気がある」と言ってて、んん???日本美人的色気???あれ?黒髪が岩城さん(森川さん)?(爆)<気付くの遅すぎ!大勘違いし過ぎ(爆)…だって、ブックレットも微妙ですよコレ(^_^;)
なので、んん?どっちが受けなの?攻めなの?と思った頃には、
香藤が岩城さんとの行為を宮坂と小野塚に見せつけ始めたので、
えぇ~っ!?森川さん受けなの~!?∑( ̄□ ̄;)(笑)
基本知識が無いとこういう阿呆な聴き方をしてしまうといういい例(悪い例)です(爆)
…、森川さんの攻め声を聴く姿勢で聴いていたので、かなり衝撃でした(爆)
というか、お名前の羅列順で、森川さんが一番目って段階で気付くべきだよ私(笑)※基本的にお名前一番目の方が受けのパターンが多いですから。例外もあるので、失念してました…。

お話的には、7から聴いても入り易い所だったのかな~と思いました。解りやすい。
新キャラの宮坂・小野塚が出た所ですし、『冬の蝉』の撮影開始という所だから、入りやすかったです。
ただ、これ~っ!!!という山も盛り上がりもさほど無かった気がするような気がするのですが、長いスパンの続き物の作品ですから、こんなものでしょうかね?(不満があるという訳ではないですよ!)後半の香藤と宮坂の「賭け」も大盛り上がり~!という程でも…。(だって、怪我したのにそんな仕事入れるか?普通?ねぇ?)<いや、不満があるという訳ではなくて、これはこれで面白いんですけどね。もう少し、宮坂が岩城さんに一目惚れするインパクトのあるテイストが欲しかったかな~という気がしないでもないのですが、岩城に愛されている香藤を羨ましく思うから岩城の事を好きだと思う、でも、それを自覚させられて、改めて本当の気持ちに気付く~という流れになるから、一目惚れテイストは軽くていいのかな。んん?何書いてるんだ私?
感情の動き的なものも、わかりやすいですね♪岩城と香藤の。
出来上がりカップルモノは、障害をどう乗り越えていくかが見所(聴き所?)ですので、
甘々なところもあれば、すれ違いやら勘違いやら、夫婦漫才のような掛け合いやら、聴いてて楽しかったです♪
岩城の静かな感情のベクトルに香藤に対する信頼感がすごくあって良かったです♪
最後の「賭け」の後の、岩城と宮坂のやり取りが好き~♪岩城の凛とした姿勢と、軽そうに見えて本気な宮坂の二人別様なプライドが垣間見えて、良かったです♪

あと、結構この間合いが好きですね~。構成が。
原作読んでいないので実際どうなのかはわからないのですが、結構「漫画的」な構成なのですけど、ブツ切り感が無くて、凄く聴きやすかったです♪絶妙な間合いが♪
賭けのラストの「変な賭けをした罰だ、暫く悩んでろ」とか、9トラック目の岩城と香藤のバカップル?なやり取りもイイわ~♪香藤のように私も食い入るように聴いてました(爆)服は脱がせる為にあるんですよ(爆)

さて。
森川さん。上の衝撃は置いておいて(笑)、ああ、素敵なお声…。普通に素敵♪惚れちゃいそうです(≧∀≦)ただ、「くじゃくじゃ」って(笑)
三木さん。これくらいのトーンは「ボーダー・ライン」の由利とダブってしまうので私はちょーっと困りました。ああ、由利が…しかも、佳也さんも居るし(笑)<違う(笑)香藤はヘタレですが。これが更にユル声できたら、多分ヤラれましたね。
鳥海さん♪森川さん受けの衝撃を受け捲くってた上に、宮坂の妄想で「鳥海×森川」が聴けた日には、森川受けOK!!!(爆)とか思いました(爆)是非、「鳥海×森川」…どっか、出して下さい鳥海さんは攻め声もやはりステキでした♪そして、是非「ぬれぬれの」を入れて(笑)
遊佐さん。キャラ表見るともうちょっとトーンが軽めなのかと思ったのですけど、キャラが軽く聴こえてしまったのですが、どうなんだろう?宮坂より小野塚の方が出番少ないんですけど、原作もこうなのかしら。

それと、純粋に『冬の蝉』が気になりました。
ラジオ・パスコレでもOVAの感想等来てたりしましたし、劇中劇で尚且つ前世編でもありますし。
トークで、三木さんが、作中の作品を出ているキャラクターが作品を演じている面白味…云々と仰るとおり、面白いですよね。作品のキャラが別の役を演じる演技って。面白いですよね。なので、素に『冬の蝉』も気になってきました。
トークの三木さんのテンションは可笑しいです(笑)そして、森川さんと三木さんは名乗ってません~☆
次(8)もあるとの事ですし(来年?)、聞いたところ、原作ですと次は宮坂×岩城(未遂)があるそうなので、ムフ~♪楽しみです~

このCDで一番好きなセリフ。
香藤が不安に押しつぶされそうな時に言った岩城の言葉が印象的。
「皆の言う頑張れはそれ以上無理をしろという意味じゃない。お前の目線に立って辛さを自分の身に置き換えた上で、それでも下を向くなと言ってるんだ」
これ、凄く素敵なセリフですよね。凹みそうな時、上を向く勇気を貰えました。

● コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/15(木) 15:27:53 | | #[ 編集]
はじめまして
ようこそ辺境の偏った感想ブログへお越し下さいました(笑)
お楽しみ頂けた様で嬉しい限りです(笑)<間違い。

>「こういう時に何とかしてやるのが夫の役目だろ」
そんな肝心なのが抜けてるだなんてー!初心者が勘違いしても仕方無いですよね?ね?ね??(笑)<何故お伺い?(笑)でも、原作ファンの方には残念なところですね~☆

他の要所要所でもカットされているところがあるようで。
実は、橋から落ちるシーンは初心者の私には「いきなり…?」とさっぱりわからないので、原作に手を出そうかどうか迷っているところなのです(^_^;)…だから、あまり盛り上がりに欠けた感がしたのかもしれませんね。

宮坂の出番は次の次!?再来年!?(鬼が笑います)
でも、森川さんも三木さんもステキなお声ですので、これはちょっと今後も後を引きそうです~♪

こんな阿呆な事を鳥海さん前提で叫んでいるブログですが、また覗いてやってくださいませ~♪
ありがとうございましたm(__)m
2007/03/15(木) 21:45:30 | URL | 槇々 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/16(金) 16:33:19 | | #[ 編集]
こちらこそありがとうございます♪
またお越し頂けて嬉しい限りですm(__)m

>原作
実は私もあの「絵」に敬遠している次第なのです。独特な絵ですよね。「春抱き」ではなかったのですが、以前雑誌で拝見した時に、う~ん。。。と、読まず嫌いなカテゴリー分けしてしまった気がします。

冬の蝉のCDの方は大幅加筆されているのですね。実は冬の蝉の載っている5巻だけGETしてみたのですが、CDの方がもっと膨らませて聴けるかな~という気がしたのです。どうでしょう?
森川さんの「冬の蝉」聴きました♪私はさだまさしさんの原曲を知らないので、こんなものなのね~(そして森川さんは歌上手いな~)と聴いておりました。原曲の方がスケールが大きいのですか!これより上!おお~!原曲も気になりますね~。


鳥海さんの出ている新田先生のホストシリーズは、まだ聴けていないのですが(爆)、周りからもいいから!と勧められているので、うう、聴かないとですわ★

また、阿呆な感想上げるかと思いますので、また覗きにいらして下さいませ。
ありがとうございます~♪
2007/03/16(金) 22:05:04 | URL | 槇々 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。