~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


咎狗の血 Image drama CD vol.2
2007年01月28日 (日) | 編集 |
咎狗の血 Image drama CD vol.2 咎狗の血 Image drama CD vol.2
(2005/08/26)
HOBiRECORDS
この商品の詳細を見る

●キャスト●  
アキラ:先割れスプーン
ケイスケ:何武者
源泉:一条和矢
リン:鬼龍院隼人
キリヲ:富士爆発
グンジ:杉崎和哉  他

●発売日●
2005年08月26日

●発売元●
HOBiRECORDS



いや~、ケイスケルートがようやく終わったので、ようやく聴きました(遅)
CD買ってから放置すること8ヶ月(爆)ちなみに、ケイスケルート終えて1.5ヵ月後に聴いてます(爆)終えたの11月でした…(爆)
…とにかくね、シキCDで失敗(笑)したので、とにかく、ゲーム終えてから、終えてから聴かないと!と。

アキラとケイスケはトシマを脱出してから半年後、日興連の小さな整備工場に住み込みで働いていた。
そこで平和で穏やかな日々を過ごす二人であったが、彼らはあのトシマでのことを忘れてはいなかった。ほんの数日間の出来事、あの悪夢のような時間を。

う~む…。私はとにかく聞く順番を間違えましたね(笑)
きちんと出た順にシキ・ケイスケ・リンの順で聴くべきでした。

そんな訳で、リンから聴いてしまったので、ゲームのドラマCDってルートをなぞるものかと思っていたのですが(いや、リンのは若干ゲームとは展開変えてありますけど)、
いや、確かに、シキもケイスケもルートなぞって?いますけど、ケイスケのこれに関しては、「回想」でした。
それはそれでいいんですけどね。その後の話も気になりますから。
ただ、なんつーか、ケイスケの独りよがり的な出来上がりで。
結構場面転換がブツ切りというか、急に変わってたりするから、「今何が起きてるの?」という感が(^_^;)う~ん、どうなのかしら…。
回想なのか、夢なのか、深層心理世界なのか、ちょっと聴き取りにくい気がします。
う~ん、ゲームのルート通りになぞったCDだったら、もうちょっと聴き応えもあった気がするんですよ~☆

しかーし!
リンの場合、アキラ攻めのくせに(笑)アキラのモノローグ多いので、シキもケイスケもアキラのモノローグ多いものかと思っていたので(だって主人公じゃんっ!)、
うわっ!ケイスケのモノローグ多い~っ!(笑)
ぶーっちゃけ、先割れさん目当て(爆)なので、うわ…、何武者さんのモノローグ多くてもあまりうれしく無…(爆)げふんげふん☆
ゲームでアキラの台詞量の多さが当たり前のように思っていたので、シキの時と同様、アキラ以外のモロノーグって、う~わ、変なカンジ~☆何だか不思議な感じ~☆しかも、リンCDばかり聴き捲くってたので、余計に…(^_^;)
先割れさんは、先割れさんですね~♪アキラ声が一番好きだ~(≧∀≦)ただモノローグ何武者さんに持っていかれてますので、ぶ~( ̄ε ̄)…しかし。やはりね、ドライバーの所は痛そうで…聴きたいくなーい(泣)
何武者さんは、もう、ヘタレで「俺なんか」キャラなんですけど、ゲームの時より、ヘタレ度減ってた気がするんですけど(^_^;)むしろ極悪度増(笑)

あと、これを聴いて、ようやく「アフパラ出張版」のやり取りの意味がわかりました(爆)
ジョイが先割れさんに台詞言ってもらう所があるんですけど、全部ケイスケとのやり取りの台詞だったのですが、ゲーム終えた後に聴いても「え?そんなシーンあったっけ?」(私おバカな子なの?)と思っておりましたら、
あ~ら、ドラマCDネタだったのね~(笑)
どーりで、「少し暑いな、窓…」とか「Ace(エース)とDee(ディー)に…」って先割れさん言ってても「???」だったのですが、
はい、ようやく意味がわかりました。ドラマCDの所だったのね~(T▽T)<バカ☆

ようやくリン・シキ、そしてケイスケと、咎狗のドラマCD三枚聴き終えましたが、
う~ん、「ドラマCD」としての出来は、リンが一番いいと思います。ストーリー性ありますし。
ま、シキとケイスケのは一応「イメージドラマCD」ですからね…。いや、一応ルートなぞっていますから、ストーリー性はありますけど、深層心理的描き方してる感じがするので、ゲーム知らない人がいきなり聴くには難しい気がします。(<そんな人間は聴かないって?/笑)
シキ・ケイスケのCDはドラマCDとしての方向性を探ってた感…というか、見つけられなかった感…がします。勿体無い…。
リンCDは制作スタッフほぼ総替えなのですよ。マリン・エンタインメントさん等入ったりしてるし。
何だろう?腐女子のツボを心得た制作会社さんが参入する事で、多少なりとも腐女子のツボにグッ!(笑)とくる作りになってたような気がします。。。
いくら自分がリンルート好き~♪(笑)だとしても、普通に「ドラマCD」として、シキ・ケイスケのこの2枚の出来としては…う~ん、どうかと思います……。微妙…。シキとケイスケ好き~さんにはどうなんでしょうか、この2枚。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。