~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


淫らなキスに乱されて
2008年06月26日 (木) | 編集 |
Dramatic CD Collection 淫らなキスに乱されてDramatic CD Collection 淫らなキスに乱されて
(2007/07/27)
イメージ・アルバム置鮎龍太郎

商品詳細を見る

●作者●
原作:愁堂れな
イラスト:陸裕千景子

●キャスト●  
中津忠利:置鮎龍太郎
藤原龍門:森川智之
上条秀臣:鳥海浩輔
高円寺久茂:小西克幸
神津雅俊:福山 潤
ミトモ:太田哲治
白鳥光義:成田 剣  他

●発売日●
2007年07月27日

●発売元●
ムービック



※約3ヶ月ぶりの更新で申し訳ありませんっm(__)m…しかも、冷静に見たら、ほぼ1年前に出たCDの感想を今頃書いてるよっ!!!(本当にすみません…)

前作から2年半も空いたんですねー。一応聴いた時点では原作未読です。

「……あんたにも天国みせてやる」
謎のルポライター・藤原×美貌のヤメ検弁護士・中津――淫らシリーズ第2弾がドラマCD化!
美貌のヤメ検弁護士・中津はひそかに腐れ縁の友人検事・上条を想っていたが、告白することなく失恋してしまう。
その頃新しく企業の顧問弁護士になるが、その会社を嗅ぎまわる謎のルポライター・藤原と出会う。
それ以来、自堕落な風情の藤原につけ狙われる中津だったが、ある日口論の末、無理やり抱かれてしまう。
快楽に容易く陥落する自分の淫らな躰に戸惑いながらも逆らえない中津は……。
ファン待望の悦楽のハード&ミステリアスラブ!

冒頭の回想シーンは、そりゃ期待しちゃいますよね~(^_^;)
だって、好きな相手から「実は…」なんて告白(告白?カミングアウト?)されれば。ましてや、そんな内容ならば(苦笑)
でも、でも、でも、
正直、この3バカトリオに、こういう設定持ってきちゃうのかー?と思いました。この3人の中でカップリングができるのだけはイヤなのー。
なので、中津には悪いですが、切ないですが、これでいいのかなぁ?と。>まぁ、あくまでも結果論で。

上条が大沢に固執?してる???のがちょっと意外でした☆意外と過去の事はスッパリ忘れていい思い出にしそうなタイプかな~?と勝手に思っていたので。
で、この後の、上条と中津が飲みに行った帰りの、あのシーンですが、え~…、正直言いますと、最初何が起きてるの???と分かりませんでした(爆)もうちょっと~、もうちょっと、描写的にさ~、上手き描きようが無かったのかなぁ~???何が起きたの!?!?!?と思って。>まぁ、そのまま聴いてればすぐ説明はあるのですけどね。いきなり上条が中津に対して「おまえ…!?」と言っても、うん、ごめん、何が起きてるのかわからなかったデス(すみません)。
中津もね、口(コトバ)より先に行動が出るとは思いませんでした、意外だわ。

で、龍門登場です。
上条と中津の写真をネタに強請ってくるのは、まぁ妥当(妥当ー!?)だとしても、中津よ、いい大人なんだから、「サシで話をできる所―――」で、(ラブ)ホテルって時点で気付いて!!!(泣)まぁ、その後はご想像の通りで☆☆☆

それはさておき、物語は核心へ。
龍門が中津に近づいてきた理由や、前任の弁護士の件や。
この後の、上条の電話がイイですよね~。サラリと流してくれて。言わないのなら聞かない。この場合、聞かれた方が気まずいですからね。ま、ただ単に、中津が上条に対してそういう感情を抱いていないって思っているからなのか、単なるアホなのか(笑)計算か。
でも、変に今の関係が拗れないなら、これでいいと思う。

そんな矢先の上条の週刊誌記事。
自分のせいで…と落ち込んでいる神津を一時避難として預かる中津、どんだけ…お人よしというか、本当にイイ奴なのか。<いい奴です。
そんな中津を高円寺は知ってたのかー。でも、上条も気付いてはいると思うんですけどね???(勝手な妄想)
高円寺ってホント、イイ奴だわ。イイ奴ー!!!
永遠の恋と永遠の友情…どちらかを選ばないといけないにしても、絶対に失いたくないものだよね。
この後、中津が、上条に、上条の追っていた事件が三友商事かどうか電話で聞くシーンは、何だか聞いてて泣けてきちゃいました。
中津が恋を選んでいたら、この会話は無かったんだもの。

お話的には前作よりはドラマチックミステリアスっぽさは少なかったような気がしますが、本筋はしっかりしてるので、きちんと耳に入りますね~。
ただ、龍門ってば2回とも強引に!なので、中津にちょっと同情。なので、中津の気持ち的グラつきはまだまだって所なので、この位の気持ちの動きでいいのかな。その後進展するのか気になります♪

置鮎さんは、すみません、前作の「淫ら~」を聴いた時に、若干呂律が回ってない感があった(すみません、本当にすみません;;)のですが、いやいや、流石です、元祖美人系(<誰もこんな風に言ってません!)素敵でした。秘めやかに上条を想いつつも、キリっとクールビューティーも素敵でした。いい声だーwww
森川さん、最初は悪!(笑)端から見てると酷い人(笑)でも、低音の悪~なカンジから、いい仲間(仲間?)達と出会えて、丸くなっていくカンジが良いですね!
鳥海さんは相変わらずな上条節で~(*´∀`*)いいわ~、3バカトリオ、本当にいいわ~www
小西さんも相変わらずな高円寺節♪(笑)
福山さんは出番少なっ!(笑)おおおおお~、あまりの少なさに泣けそうになった。。。<ぇ?(笑)
太田さんはハマりすぎです♪グッジョブ!
成田さん、もうもうもう!!登場早々から「うさん臭いっ!」と思える悪代官(笑)なキャラが素敵でした。静かなる悪、冷ややかな悪、良かったです!

ドラマはおまけ部分までちゃんと入ってましたね~。果たして、中津の恋心に、上条ファッションセンスは含まれているのでしょうか(笑)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。