~あの空のような臨みに~ ある日突然声優さんにハマった腐女子の顛末記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


咎狗の血
2006年06月11日 (日) | 編集 |
咎狗の血 通常版 咎狗の血 通常版
Windows (2005/03/25)
Nitro+CHiRAL

この商品の詳細を見る

●キャスト●  
アキラ:先割れスプーン
シキ:緑川光
ケイスケ:何武者
リン:鬼龍院隼人
源泉:一条和矢
n:Prof.紫龍  他

●発売日●
2005年02月25日

●発売元●
Nitro+CHiRAL



きっかけはコレでした。
ゲーム自体出たのは2005年2月で、5月に友人から薦められました。
私自身かなりゲームというものから離れてしまっていたし、初のBL18禁ゲームでしたので、
抵抗が無い訳ではなかったのですが、まぁ、折角の機会?だし…という事でやり始めました。
が。誰もが通る、運命の分かれ道(笑)、私は見事に本筋を避け、左右に行ってまんまとBADエンディングを見ました。
ショックでした(笑)
そういう(どういう?)ゲームだとわかっていたはずでしたが、とにかくショックで相当な大ダメージを受けました(笑)

あまりにもダメージが大きかったので、実は…その後ゲームには触れませんでした。
その間放置何と11ヶ月(爆)
後にハマった友人にはあっけなく追い抜かれ(笑)、その友人のハマリっぷりをドン引きしていたくらいでした(爆)どこへ行くんだ…友人よ……と。「置いていかれた」感ではありませんでした(笑)


そして今年の3月。

咎狗の血 公式ビジュアルファンブック 咎狗の血 公式ビジュアルファンブック
メディアミックス書籍部 (2006/03/29)
エンターブレイン

この商品の詳細を見る

公式ビジュアルファンブック。せめてCG画くらいは見ておかないと…と、
ゲーム終わっても無いのに買いました。見ました。攻略チャートも付いてますよ。
フルボイスを聞きながらCG画面を見たいと思いました(遅)
遅い…遅すぎだよ、本当に。ゲーム出て一年経とうかというのに。
イベントでサークルさんとかも増え始めてたり、オンリーイベントとかもあったりと、
ああ…人気あるんだ…(爆)という訳で始めたのですよ。
で。
ここからが私のこの道?の始まり。
主人公・アキラの喋り。確かに低い声でイイ声♪と思ってはいたのですが、
とにかく「吐息」声に驚きました。
多分文字にすると「………っ」とか「………」なのですが、これらに全部音(声)が入ってて、それに驚きました。
他の演者さんの「………」は無音だったりするのですけど、この先割れスプーンさんは声が入ってて!
これにヤられました。「先割れスプーン」さんが気になり始めました。
気になったら今は便利な時代。情報は溢れていました。

という訳で、こういう変なルート(ルート?)で
ここ何年も声優さんに全く興味を持たなかったのに、興味を持つようになりました。
いや、声優さんに興味を持たなくなったのではなく、追えなかったでした。もう追っても追いつかないから(汗)<単に面倒だったんじゃないのか(^_^;)

でも、まだこの時点では、ただ興味を持っただけでした。
私をドラマCD収集へかき立てるには、このゲームのドラマCDを買ってからでした(笑)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。